• 本

天子蒙塵 第3巻

出版社名 講談社
出版年月 2018年6月
ISBNコード 978-4-06-511815-3
4-06-511815-8
税込価格 1,728円
頁数・縦 304P 20cm
シリーズ名 天子蒙塵

商品内容

要旨

運命に導かれ、それぞれの楽土を目指せ。満洲の怪人・甘粕正彦、男装の麗人・川島芳子、欧州に現れた吉田茂。昭和史最大の事件「日中戦争」前夜、大陸に野望を抱き、夢を掴もうとする者たちが動き出す。そして、希望の光をまとい、かつての英雄が中原のかなたに探し求めた男がついに現れた。その名は―。

おすすめコメント

日中戦争以前に満洲では何が起こっていたのか。新たな登場人物を加え、著者ライフワークはいよいよ昭和史の「謎」に迫っていく!

著者紹介

浅田 次郎 (アサダ ジロウ)  
1951年東京都生まれ。95年『地下鉄に乗って』で第十六回吉川英治文学新人賞、97年『鉄道員』で第百十七回直木賞、2000年『壬生義士伝』で第十三回柴田錬三郎賞、2006年『お腹召しませ』で第一回中央公論文芸賞と第十回司馬遼太郎賞、2008年『中原の虹』で第四十二回吉川英治文学賞、2010年『終わらざる夏』で第六十四回毎日出版文化賞をそれぞれ受賞。2015年柴綬褒章受章(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)