• 本

医療4.0 第4次産業革命時代の医療 未来を描く30人の医師による2030年への展望

出版社名 日経BP社
出版年月 2018年6月
ISBNコード 978-4-8222-5610-4
4-8222-5610-3
税込価格 2,530円
頁数・縦 265P 19cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

2030年の医療の現場は、第4次産業革命で登場する人工知能なIoTなどの技術革新により大きく変わる。筆者が提唱する「医療4.0」の到来で、医療の「多角化」「個別化」「主体化」が進んでいく。未来を見据える医師30人とともに、2030年の医療を展望する。

目次

第1章 日本の医療における変化と課題
第2章 医療とテクノロジーの現状と展望
第3章 未来を描く医師30人による展望(AI問診を皮切りに、臨床現場の非中核業務を根絶する(Ubie株式会社共同代表、医師・阿部吉倫)
医療において変わりゆくものと変わらないもの(医療法人社団お茶会お茶の水循環器内科院長、循環器内科医・五十嵐健祐)
人工知能に代替されない医師の価値はコミュニケーション力にあり(日本うんこ学会会長、医師・クリエイター・石井洋介)
一人ひとりの医療の自立のために必要なブロックチェーンという技術(MediBloc社alliance member、医師(内科・救急科)・伊藤涼)
ハイブリッドメディシンの時代―医療のデジタルユビキティーへの変革(一般社団法人IoMT学会代表理事、順天堂大学医学部附属順天堂委員眼科助教・猪俣武範) ほか)

著者紹介

加藤 浩晃 (カトウ ヒロアキ)  
医師、デジタルハリウッド大学大学院客員教授。遠隔医療、AI、IoTなどデジタルヘルスの政策提言にも携わる、元厚生労働省官僚・現役医師。1500件以上の手術を執刀、手術機器や眼科遠隔医療サービスを開発。「医療現場」「医療制度」「ビジネス」の3領域を横断的に理解し、企業の顧問・アドバイザーや厚生労働省医療ベンチャー支援事業サポーター、経済産業省J‐Startup推薦人などを務める。日本医療ベンチャー協会理事、アイリス株式会社取締役CSO、MRT株式会社社外取締役、東北大学非常勤講師、眼科専門医(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)