• 本

体系的に学ぶ安全なWebアプリケーションの作り方 脆弱性が生まれる原理と対策の実践

第2版

出版社名 SBクリエイティブ
出版年月 2018年6月
ISBNコード 978-4-7973-9316-3
4-7973-9316-5
税込価格 3,456円
頁数・縦 667P 24cm
シリーズ名 体系的に学ぶ安全なWebアプリケーションの作り方

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

Webアプリ開発者が知っておくべき、攻撃と防御の知識を徹底解説!PHPサンプルへの攻撃を通して、脆弱性が生まれる原理と具体的な対処法が学べる!日本中の現場で支持されたベストセラー待望の改訂版!最新環境にあわせて全面刷新+大増ページ。OWASP Top 10‐2017対応。

目次

1 Webアプリケーションの脆弱性とは
2 実習環境のセットアップ
3 Webセキュリティの基礎〜HTTP、セッション管理、同一オリジンポリシー、CORS
4 Webアプリケーションの機能別に見るセキュリティバグ
5 代表的なセキュリティ機能
6 文字コードとセキュリティ
7 脆弱性診断入門
8 Webサイトの安全性を高めるために
9 安全なWebアプリケーションのための開発マネジメント

おすすめコメント

日本中の現場で支持されたベストセラーが、最新環境にあわせて大幅に加筆・修正! Webアプリケーションにはなぜ脆弱性が生まれるのか? 脆弱性を解消するにはどうプログラミングすればよいか? PHPサンプルへの攻撃を通して脆弱性が生まれる原理と具体的な対処方法が学べる!

著者紹介

徳丸 浩 (トクマル ヒロシ)  
1985年京セラ株式会社に入社後、ソフトウェアの開発・企画に従事。1999年に携帯電話向け認証金基盤の方式設計を担当したことをきっかけにWebアプリケーションのセキュリティに興味を持つ。2004年同分野を事業化。2008年独立。脆弱性診断やコンサルティング業務のかたわら、ブログや勉強会を通じてセキュリティの啓蒙活動を行っている。EGセキュアソリューションズ株式会社代表、OWASP Japanアドバイザリーボート、独立行政法人情報処理推進機構(IPA)非常勤研究員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)