• 本

インスタグラムと現代視覚文化論 レフ・マノヴィッチのカルチュラル・アナリティクスをめぐって

出版社名 ビー・エヌ・エヌ新社
出版年月 2018年6月
ISBNコード 978-4-8025-1101-8
4-8025-1101-9
税込価格 3,850円
頁数・縦 215,159P 21cm

書籍ダイジェスト配信サービス SERENDIP 厳選書籍

要旨

日本で「インスタ映え」が若者言葉としてすっかり定着したことに象徴されるように、写真共有アプリ「インスタグラム」は若者を中心に世界中に普及している。最新の発表では月間アクティブユーザーが8億人に達したという。当然ながらその普及は、現代文化に大きな影響を及ぼしていることだろう。本書は、インスタグラムによって写真のあり方や、現代の視覚文化、さらには現代社会がどのように変わってきているかを探る論考集。ロシア生まれのメディア理論家であるレフ・マノヴィッチ氏によるオンラインブック『Instagram and Contemporary Image(インスタグラムと現代イメージ)』の全訳を軸に、今日のデジタル写真とその周辺領域を巡る論考が、他に9編収められている。マノヴィッチ氏は、世界16都市で2012年から2015年にかけて共有された1500万以上のインスタグラム画像を解析。そこから、「インスタグラミズム」という新たな写真文化の傾向が生まれてきていると論じる。なお、ダイジェストでは、マノヴィッチ氏の論考と、ネットワーカー・古雑誌蒐集家・周辺文化研究家の「ばるぼら」氏による「observation インスタグラムと日本」の一部を取り上げた。
※要旨の情報〔社会情勢、著者経歴など〕は、作成日当時のものです。
以降内容が変わっている場合があります。[要旨作成日:2018年08月10日]

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

メディア理論家レフ・マノヴィッチのインスタグラム論を全訳。9名の論者による解説・探究・拡張的論考を収録!

目次

1 インスタグラミズムとレフ・マノヴィッチ(レフ・マノヴィッチとインスタグラム美学(甲斐義明)
なぜインスタグラムだったのか―最後尾のメディア受容記述者としてのレフ・マノヴィッチ(きりとりめでる)
observasion―インスタグラムと日本 日本のインスタグラム観測記録:2010→2018(ばるぼら))
2 デジタル写真の今/諸相(デジタル写真の現在―三つの層から考える(前川修)
接続する写真―記憶、自撮り、身振り(増田展大)
Photoshop以降の写真作品 「写真装置」のソフトウェアについて(永田康祐)
scene―データビジュアライゼーションの現場から コードを書き、可視化する(芝尾幸一郎))
3 文化はどこへ行くのか?(写真の理解可能性―計量社会学とインスタグラム(筒井淳也)
カルチュラル・アナリティクスの過去・現在・未来(久保田晃弘))