• 本

GHQ特命捜査ファイル軍事機密費

出版社名 岩波書店
出版年月 2018年7月
ISBNコード 978-4-00-061282-1
4-00-061282-4
税込価格 2,420円
頁数・縦 277P 19cm

商品内容

要旨

東京裁判のさなか、国際検察局の一人の検察官が、陸軍の「シークレット・ファンド」=機密費をめぐる捜査に取り組んだ。政府や軍の元高官らを次々と召喚、尋問を重ねるうちに、日本の権力中枢における錬金術の核心に迫ったかに見えたが…。厚いベールに覆われた機密費の実態を、いかにして、どこまで明らかにできたのか?長年埋もれていた英文尋問調書を読み解き、特命捜査の顛末をたどりながら、戦前戦後を通じて息づく日本の“闇”の正体に目を凝らす歴史ノンフィクション。

目次

捜査の始動
連日の尋問
特命捜査の背景
見えてきた構図
直接対決
内閣の機密費調達法を追う
東条の秘密資金は上海から空輸されたか
捜査迷走の背景
田中義一の「陸軍機密費事件」
台湾総督府陸軍機密費〔ほか〕

おすすめコメント

国際検察局は陸軍機密費の実態にどこまで迫れたのか。尋問調書の解読を通じて戦前戦後を貫く歴史の闇を見つめる。

著者紹介

渡辺 延志 (ワタナベ ノブユキ)  
ジャーナリスト。1955年、福島県生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業。朝日新聞社に勤めるかたわら、独自に歴史資料の発掘、解読に取り組み、著書に『虚妄の三国同盟―発掘・日米開戦前夜外交秘史』(岩波書店、2013年)がある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)