• 本

だけどだいじょうぶ 「特別支援」の現場から

出版社名 石風社
出版年月 2018年6月
ISBNコード 978-4-88344-281-2
4-88344-281-0
税込価格 1,980円
頁数・縦 235P 20cm

商品内容

要旨

三池の炭鉱社宅で育った少年が「特別支援」学校の教員になった。聾学校・養護学校に三〇年間勤め、「障害」のある子どもたちとくんずほぐれつ心を通わせていった一教員の実践と思考の軌跡。

目次

1 手話は禁止されていた(学校間交流
スピーチ ほか)
2 人間ですからね(すてきなプレゼント
百々のリハビリ ほか)
3 ふたたびの聾学校(タクシーで山登り
生きていく力 ほか)
4 先生、元気ですか(旬を楽しむ
十年後はおとな ほか)
5 二十年後を生きていく(チテキショウガイ
学童保育と学籍 ほか)

著者紹介

農中 茂徳 (ノウナカ シゲノリ)  
1946年生まれ。大牟田市立駛馬北小学校、米生中学校、福岡県立大牟田南高等学校で学ぶ。東京学芸大学を卒業。福岡県人権・同和教育研究協議会会員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)