• 本

2030年日本経済復活へのシナリオ 15人のリーダーが語る日本の未来

出版社名 毎日新聞出版
出版年月 2018年6月
ISBNコード 978-4-620-32526-2
4-620-32526-0
税込価格 2,160円
頁数・縦 217P 19cm

商品内容

要旨

中国やアジア諸国の台頭、長引くデフレ、少子高齢化…「ジャパン・アズ・ナンバーワン」と言われたかつての面影は、どこへ消えたのか。日本は、どこで何を間違ったのだろうか―。日本のIT戦略を長年にわたって分析する著者が語るグローバル敗戦の理由。そして、政財界のリーダーが集結し議論された「2030年日本経済再生シナリオ」とは?

目次

第1部 五つの課題―第一線で眺めた、日本の半世紀(日本の情報通信産業の未来)
第2部 日本経済を分析する(世界唯一の“少子高齢化人口減少社会”に生きる
情報革命と高齢社会の融合がデジタル未来社会を創造する
情報通信産業とAIイノベーション
国際展開「4対96の世界へ」
超高齢社会シルバービジネスはグローバル巨大産業へ
国際ビジネス人材の不足を解決する世界一流の大学教育・企業研修とは
世界電子政府ランキングに見る未来の政府課題)
第3部 各界のリーダーと考える、日本の未来(シンポジウム1「IoT・AI・イノベーション新未来」を語る
シンポジウム2「日本の未来‐少子高齢化人口減少社会」を語る)
第4部 提言―日本経済復活の具体策

おすすめコメント

凋落を続ける日本経済、問題の核心はどこにあるのか?世界が少子高齢化に直面する中、「課題先進国」が世界に打って出る秘策とは?

著者紹介

小尾 敏夫 (オビ トシオ)  
早稲田大学大学院教授。慶應義塾大学で学士・修士号、早稲田大学にて博士号取得。国連開発計画の企画担当官、コロンビア大学主任研究員、労働大臣秘書官などを経た後、早稲田大学にて教鞭を執る。北京大学など海外七大学の客員教授などにも就任したほか、情報通信産業についての深い知見、及び海外経験で培った豊富な人脈をもとに、内閣府IT戦略本部委員をはじめ多数の政府諮問委員を歴任。国連ITU事務総長特別代表、OECDやユネスコなど国際機関の座長を多数務める
岩〓 尚子 (イワサキ ナオコ)  
早稲田大学総合研究機構電子政府・自治体研究所教授。早稲田大学大学院にて博士号(国際情報通信学)取得。早稲田大学商学研究科(MBA)、理工学部、政治学研究科をはじめ、文理を横断し情報通信技術とそのアプリケーション活用について教鞭を執る。北京大学、シンガポール南洋理工大学などで研究員に就任。専門は「超高齢社会におけるICT利活用(シルバーICT問題)」「CIO(高度IT人材)」「災害対策とBCP」「女性とICT」など。総務省、経済産業省、外務省などの委員を歴任するほか、2017年4月よりNPO法人国際CIO学会理事長を務める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)