• 本

ねじまき片想い

創元推理文庫 Mゆ3−1

出版社名 東京創元社
出版年月 2018年6月
ISBNコード 978-4-488-49411-7
4-488-49411-0
税込価格 713円
頁数・縦 253P 15cm

商品内容

要旨

豊かな想像力を武器に老舗おもちゃ会社で敏腕プランナーとして働く富田宝子。彼女は取引先のデザイナー西島に5年も片想いをしており、気持ちを伝えられずにいる。彼に次々と降りかかる災難を、持ち前の機転とおもちゃを駆使し解決していくが、西島は宝子の奮闘にまったく気がつかず?!自分の心にねじを巻けるのは、自分だけ。宝子が自分の心を解放したとき彼女を待つ未来は―。

おすすめコメント

浅草にある老舗おもちゃ会社で働く富田宝子は、ガーリーなものが大好きで楚々として控えめな外見とは裏腹に、好きなものに対するパワーと想像力の豊かさを持ってして、敏腕プランナーとして活躍している。そんな彼女は、仕事のできない取引先のデザイナー西島に恋をしているが、五年も想いを伝えられずにいる。何の因果か次から次へと災難に見舞われる彼のため、持ち前の機転と自社のおもちゃを駆使し、SPのごとくトラブルを解決していく宝子。けれど西島はそんな宝子の奮闘にはまったく気がつかず?! 同僚や同居人も巻き込んで、宝子の恋が向かう先は。ひとりの女性が大切な気持ちと向き合うまでを描く、成長の物語。

著者紹介

柚木 麻子 (ユズキ アサコ)  
1981年東京都生まれ。立教大学卒。2008年「フォーゲットミー、ノットブルー」でオール讀物新人賞を受賞。同編を含む『終点のあの子』でデビュー。15年『ナイルパーチの女子会』で第28回山本周五郎賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)