• 本

日本伝統文化の英語表現事典

出版社名 丸善出版
出版年月 2018年6月
ISBNコード 978-4-621-30297-2
4-621-30297-3
税込価格 4,180円
頁数・縦 318P 20cm
シリーズ名 日本伝統文化の英語表現事典

商品内容

要旨

海外から日本にやってくる人たちの興味関心が、和食からさらに伝統文化へと益々拡大してきている。では伝統文化について英語でうまく相手に伝えるにはどう表現すればいいのか?―興味深く、楽しく伝統文化の歴史とその英語での表現法が理解できるユニークな事典。具体的でわかりやすい歴史的解説。英語説明は日本語説明の後に配置し読みやすさを重視。

目次

第1部 衣・食・住にまつわる日本文化と伝統工芸品(友禅:Paste‐resist fabric dyeing method
型染め:Stencil dyeing
江戸小紋:Edokomon,Edo‐dyed pattern ほか)
第2部 芸能・美術工芸・武芸にまつわる日本文化と伝統工芸品(歌舞伎:Kabuki
能・狂言:Noh drama and Kyogen Noh comedy
日本舞踊:Nihon‐buyo,Japanese dance ほか)
第3部 宗教・祭り事にまつわる日本文化と伝統工芸品(神棚:Kamidana,a Shinto home altar
仏壇:Buddhist altar
仏像:Buddhist figures ほか)

おすすめコメント

日本を訪れる旅行客は年々増加し(16年観光客2000万人超)、日本特有の文化を欧米人に英語で紹介する機会が増大している。日本文化を外国人に紹介するための最善の方法として日本の伝統工芸品とその製作者である「匠(職人)の技」に着目し、それらの紹介を通して日本の伝統文化の特色とその簡潔な英文説明で内容構成する。

著者紹介

亀田 尚己 (カメダ ナオキ)  
同志社大学名誉教授、国際ビジネスコミュニケーション学会相談役。商学博士(同志社大学)。専門は国際ビジネスコミュニケーション、異文化コミュニケーション
三宮 優子 (サングウ ユウコ)  
神戸ビジネススクール株式会社取締役副校長。アメリカ生まれ、神戸育ち。神戸女学院大学英文科卒業。英語講師として17年間で約1500人を指導の後、2012年より現職。英語を主とした多言語対応のコンサルティング業務に携わる。16年日本の伝統工芸を海外に紹介する一般社団法人WANOBI和の美を設立
中道 キャサリン (ナカミチ キャサリン)  
翻訳家。オーストラリア、イギリス両国籍を持ち大阪在住。1996年来日、現在に至るまで日本に魅了され続けている。2003年に英国立シェフィールド大学大学院修士課程修了。06年翻訳会社Catlingual設立。技術、医療、観光、日本文化など多岐分野にわたる翻訳をこなす(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)