• 本

これからを稼ごう 仮想通貨と未来のお金の話

出版社名 徳間書店
出版年月 2018年6月
ISBNコード 978-4-19-864620-2
4-19-864620-1
税込価格 1,404円
頁数・縦 236P 19cm

商品内容

要旨

お金は変わる。そしてなくなる。ビットコインが目指した自由。イーサリアムがもたらす大変革。そして訪れる僕らとお金、組織との新たな関係とは?堀江貴文が説く、仮想通貨と「これからの経済学」

目次

第1章 僕らは1000年に1度の転換期を迎えた(マウントゴックス事件で学んだこと
盗難NEMと日本銀行券 ほか)
第2章 ビットコインと自由(初めてビットコインを知った時
ビットコインの基礎を知ろう ほか)
第3章 イーサリアム革命(ヴィタリック・ブテリンという異能
スマートコントラクトとは ほか)
第4章 国家と通貨と仮想通貨(リップル人気の理由
銀行コインと共通ポイント ほか)
第5章 トークンエコノミーの中で(シェアリング2.0時代
クラウドファンディングの可能性 ほか)

おすすめコメント

仮想通貨とは何か。仮想通貨が指し示す未来のお金とは何か。堀江貴文が説く「これからのお金の教科書」決定版

著者紹介

堀江 貴文 (ホリエ タカフミ)  
1972年、福岡県生まれ。実業家。SNS media&consulting株式会社ファウンダー。東京大学在学中に有限会社オン・ザ・エッヂを設立。元株式会社ライブドア代表取締役CEO。宇宙ロケット開発事業を中心に、作家活動、ビジネスコンサルティング業務のほか、スマホアプリ「TERIYAKI」「755」のプロデュース、和牛アンバサダーユニット「WAGYUMAFIA」など、多ジャンルで活動
大石 哲之 (オオイシ テツユキ)  
ビットコイナー。2013年よりフルタイムでビットコイン及び暗号通貨の事業に関わる。ブロガーとして暗号通貨の技術を噛み砕いて紹介。Ethereumを日本で初めて一般向けに紹介し「イーサリアム」と翻訳した。暗号通貨の普及と、技術の育成を目的に活動している。(社)日本デジタルマネー協会理事、(社)日本ブロックチェーン協会アドバイザーほか、エンジェル投資家としてウォレットやクロスチェーン等の事業へ複数投資している。1975年生まれ。慶應義塾大学卒、外資系コンサルタント会社、起業等を経て現職(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)