• 本

9条「加憲」案への対抗軸を探る

出版社名 かもがわ出版
出版年月 2018年6月
ISBNコード 978-4-7803-0968-3
4-7803-0968-9
税込価格 1,540円
頁数・縦 173P 19cm

商品内容

要旨

国民多数が憲法の平和主義も自衛隊も支持していることをふまえ、1項も2項もそのままで自衛隊だけを明記する「加憲」案。九条の会世話人、新9条論者、改憲的護憲や立憲的改憲の提唱者が相互に相手を批判しつつも、協力の道を探った。

目次

第1部 私の対抗軸(「戦力」による人道法違反を裁く法体系を
自衛隊違憲論には立憲的意義がある
現行9条と自衛隊が共存する道を探る ほか)
第2部 公開討論会(立憲主義と自衛権をめぐって
日本が人道法違反を犯すことへの対処は
法律でできることと憲法改正が必要なこと ほか)
第3部 今後の課題(安倍加憲反対の豊かなバリエーションへ
団結する姿勢は改憲派に学べ
文民統制の機能不全 ほか)

おすすめコメント

九条に自衛隊を明記するだけの改憲案を前に、対抗軸が護憲派はもとより改憲の立場からも提唱されている。その協力の可能性を論じる。

著者紹介

伊勢〓 賢治 (イセザキ ケンジ)  
東京外国語大学教授。国連PKO武装解除部長などを歴任
伊藤 真 (イトウ マコト)  
伊藤塾塾長・弁護士・法学館法律事務所所長・法学館憲法研究所所長、日弁連憲法問題対策本部副本部長、九条の会世話人
松竹 伸幸 (マツタケ ノブユキ)  
編集者・ジャーナリスト、「自衛隊を活かす会」事務局長、日本平和学会会員
山尾 志桜里 (ヤマオ シオリ)  
東京大学法学部卒、検察官を経て、衆議院議員。衆議院憲法審査会委員。立憲民主党憲法調査会事務局長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)