• 本

タネはどうなる?! 種子法廃止と種苗法運用で

出版社名 サイゾー
出版年月 2018年7月
ISBNコード 978-4-86625-104-2
4-86625-104-2
税込価格 1,430円
頁数・縦 266P 19cm

商品内容

要旨

自家採種ができなくなる?!種子法廃止が意味するものとは?種苗法改正への動きで農民の権利が奪われようとしている。日本の食料の最大の危機を明らかにする元農水大臣・渾身の一冊。

目次

第1章 日本のコメ、麦、大豆の種子はどのように守られてきたか
第2章 野菜の種子は国産100%からすでに海外生産が90%に
第3章 種苗法21条第3項によって自家採種ができなくなる?!
第4章 種子法廃止はどのようにしてなされたか
第5章 すでに日本でも日本モンサントのコメを栽培
第6章 すでに遺伝子組み換えのコメの種子が用意されている
第7章 種子法廃止をうけて、私たちはどうしたらいいか

著者紹介

山田 正彦 (ヤマダ マサヒコ)  
元農林水産大臣、弁護士。日本ペンクラブ会員。1942年4月8日長崎県五島市生まれ。早稲田大学法学部卒業後、司法試験に挑戦し、1969年に合格。故郷の五島に戻って牧場を開き、オイルショックによって牧場経営を断念、弁護士に専念し、四度目の挑戦で衆議院議員に当選。2010年6月、農林水産大臣に就任(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)