• 本

ふたたびの虹 日本橋牡丹堂菓子ばなし 3

光文社文庫 な43−4 光文社時代小説文庫

出版社名 光文社
出版年月 2018年7月
ISBNコード 978-4-334-77694-7
4-334-77694-9
税込価格 660円
頁数・縦 253P 16cm

商品内容

要旨

日本橋の袋物屋のおかみが、隠居した父親を案じ牡丹堂に相談にやって来た。女房に先立たれて半年、ふさぎ込んだままだという。茶話会を開いて元気づけてやりたい。ひいては、甘い物が好きな父のために菓子を作ってほしいというのだ。小萩はご隠居の望みを知ろうと、三日にあげず通うことになるのだが―。季節の菓子と人の情。切なくて温かい好評シリーズ第三弾。

おすすめコメント

不器用だけど一所懸命な少女の成長を描く人気シリーズ第三弾! 続々重版中!

著者紹介

中島 久枝 (ナカシマ ヒサエ)  
フードライターとして全国のおいしいお店や素敵な人々をたずね、歴史や文化とともに新聞や雑誌に紹介。読売新聞土曜日夕刊に隔週で「甘味主義」を連載中。2013年、『日乃出が走る―浜風屋菓子話』でポプラ社小説新人賞特別賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)