• 本

満州分村の神話 大日向村は、こう描かれた

信毎選書 26

出版社名 信濃毎日新聞社開発局出版部
出版年月 2018年6月
ISBNコード 978-4-7840-7331-3
4-7840-7331-0
税込価格 1,430円
頁数・縦 253P 19cm

商品内容

要旨

国策の模範となった南佐久(長野県)の寒村。メディアの中で、どう称賛され、語られたのか?そして、過酷な結末へ…小説、新劇、映画、紙芝居にまで描かれた虚像と実像を冷静な視線で見つめ直す。

目次

満州分村―プロローグ
満州分村大日向
語られる分村計画
描かれた大日向村
描かれた満州大日向村
描かれる母村と分村
描かれる軽井沢大日向―エピローグ

著者紹介

伊藤 純郎 (イトウ ジュンロウ)  
1957年上伊那郡高遠町(現伊那市高遠町)生まれ。筑波大学人文社会系歴史・人類学専攻長・教授。博士(文学)。専門は日本近代史・歴史教育学。著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)