• 本

椿落つ

文春文庫 さ63−11 新・酔いどれ小籐次 11

出版社名 文藝春秋
出版年月 2018年7月
ISBNコード 978-4-16-791096-9
4-16-791096-9
税込価格 788円
頁数・縦 326P 16cm

商品内容

要旨

小藤次は、久慈屋昌右衛門との伊勢道中で知り合った三吉と再会したが、彼は酒飲みで乱暴者の父親のもとで苦労していた。職人になりたいという三吉に力を貸そうとするそんな折、父親が殺された。下手人は三吉を我が物にしようとする「強葉木谷の精霊」一味。敵は人か物の怪か、三吉を守るため小藤次は死闘を繰り広げる―。

著者紹介

佐伯 泰英 (サエキ ヤスヒデ)  
1942年、北九州市生まれ。日本大学芸術学部映画学科卒。デビュー作『闘牛』をはじめ、滞在経験を活かしてスペインをテーマにした作品を発表。99年、時代小説に転向。「密命」シリーズを皮切り次々と作品を発表して高い評価を受け、〈文庫書下ろし時代小説〉という新たなジャンルを確立する(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)