• 本

にょにょにょっ記

文春文庫 ほ13−3

出版社名 文藝春秋
出版年月 2018年7月
ISBNコード 978-4-16-791106-5
4-16-791106-X
税込価格 756円
頁数・縦 266P 16cm

商品内容

要旨

夜中の通販番組の「キュッパ」に腹を立てたり、「ゴリラ脱毛」について考えたり、そして、今はなきロンロン口での待ち合わせ…。妄想と詩想の間を往来する歌人・穂村弘の文章とフジモトマサルのシュールなイラストの奇跡のコラボ。気がつくと、あなたは日常の裏側を散歩中。単行本未収録分も増補したシリーズ最後のにょっ記。

著者紹介

穂村 弘 (ホムラ ヒロシ)  
1962年札幌市生まれ。1990年に歌集『シンジケート』でデビュー。2008年、歌論集『短歌の友人』で第19回伊藤整文学賞、「楽しい一日」で第44回短歌研究賞、2013年、絵本『あかにんじゃ』(絵・木内達朗)で第4回ようちえん絵本大賞特別賞、2017年、エッセイ集『鳥肌が』で第33回講談社エッセイ賞受賞
フジモト マサル (フジモト マサル)  
1968年生まれ。漫画家兼イラストレーター。1993年からイラストレーターとして活動を開始。94年に回文絵物語『キネマへまねき』で作家デビュー(後に新潮社より『ダンスがすんだ』としてリニューアル発売)。2015年逝去(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)