• 本

プロ野球死亡遊戯

文春文庫 な78−1

出版社名 文藝春秋
出版年月 2018年7月
ISBNコード 978-4-16-791112-6
4-16-791112-4
税込価格 880円
頁数・縦 301P 16cm

商品内容

要旨

いつの時代も人は日常のしがらみから逃げてプロ野球に辿り着く。選手の背中に自分の人生を重ねるのだ―。ブログを始めた当初は化粧品会社デザイナーで野球界に何のコネもない素人。それが人気ブロガーとなり、野球コラム企画で日本一に。まだまだ逆転ホームランをかっ飛ばしたいあなたへ贈る、人生指南の痛快野球エッセイ。

目次

1回表 「部長、あの頃の巨人知ってますか?」で出世したいあなたへ
2回表 ライバルやトラブルとの戦い方
3回表 一芸で生き残る方法
4回表 異国の地・新天地でのサバイバル術
5回表 大役に抜擢されて焦る若手社員へ
6回表 伸び悩む中堅社員は子どもの頃のヒーローたちに学べ
7回表 村田修一、37歳の生き様
8回表 引き際の美学ってなんですか?
9回表 人生逆転ホームランをかっ飛ばしたいあなたへ
座談会 客席から見るプロ野球―糸井重里×入江眞子×中溝康隆

著者紹介

中溝 康隆 (ナカミゾ ヤスタカ)  
1979年埼玉県生まれ。大阪芸術大学映像学科卒。デザイナーとして活動する傍ら、2010年よりブログ「プロ野球死亡遊戯」を開始。「文春野球コラムペナントレース2017」で初代日本一に輝く(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)