• 本

うなぎばか

出版社名 早川書房
出版年月 2018年7月
ISBNコード 978-4-15-209781-1
4-15-209781-7
税込価格 1,540円
頁数・縦 252P 19cm

商品内容

要旨

もしも、うなぎが絶滅してしまったら―そのとき、わたしたちは何を想うのか?元うなぎ屋の父と息子がそれぞれの想いと葛藤を描く「うなぎばか」、とある任務を担ったうなぎ型ロボットの冒険「うなぎロボ、海をゆく」、“土用の丑の日”広告阻止のため江戸の平賀源内を訪ねる「源内にお願い」など、クスッと笑えてハッとさせられる、ポストうなぎエンタメ連作五篇。

著者紹介

倉田 タカシ (クラタ タカシ)  
1971年埼玉県生まれ。文筆家・漫画家、イラストレーター。2015年、第2回ハヤカワSFコンテスト最終候補作のポストヒューマンSF『母になる、石の礫で』で長篇デビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)