• 本

タープの張り方火の熾し方 私の道具と野外生活術

ヤマケイ文庫

出版社名 山と溪谷社
出版年月 2018年7月
ISBNコード 978-4-635-04857-6
4-635-04857-8
税込価格 1,320円
頁数・縦 301P 15cm

商品内容

要旨

―タープを張るなら深い森を背後に抱えた川畔がいい。渓に沿って流れる風が煙とともに森と同化してたなびいていく。タープの下で小さな吐息をつく。やがて日が落ちて辺りは沢音だけが支配する。闇が森をうずめ焚き火の炎を浮かび上がらせると静寂が、ゆっくりと私を満たす―。本書は著者・高桑信一が長年の沢登りの経験で培った野外生活技術のほか、渓の装備などを紹介。

目次

1章 渓の基本装備(ザック―ザックの変遷
渓流足袋―足袋一辺倒 ほか)
2章 タープを張り、火を熾す(タープ―渓と森に同化する
鋸―男の武器1 ほか)
3章 源流釣り(テンカラ竿―テンカラとは
和竿―いつ使う? ほか)
4章 渓から渓へ(おじさんたちの夏 東北の秀渓にて
秋の浦和浪漫OB山行 ほか)

著者紹介

高桑 信一 (タカクワ シンイチ)  
1949年、秋田県生まれ。電電公社からNTT勤務を経て2002年に退社。「ろうまん山房」を設立してフリーランスに。浦和浪漫山岳会OB会員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)