• 本

気持ちを「言葉にできる」魔法のノート 「言葉にできる」は武器になる。 実践編

出版社名 日本経済新聞出版社
出版年月 2018年7月
ISBNコード 978-4-532-32212-0
4-532-32212-X
税込価格 1,296円
頁数・縦 109P 19cm

商品内容

要旨

想像してみてほしい。気持ちの全てを伝えられた君の姿を。考えたこと、思いついたことを、きちんと言葉にできた瞬間を。そんな自分に近づくためのヒントが、この一冊に詰まっている。

目次

第1章 言葉には2つの種類がある(「言葉は大事」ってホントなの?
普段使っているのは「外に向かう言葉」
君のなかには「内なる言葉」がある
2つの言葉はつながっている
「内なる言葉」をどんどん育てよう)
第2章 思いを育て、言葉にする(「言葉にできる」には3つのステップがある
テーマを決めて「内なる言葉」を書き出す
T字型思考法で広げる・深める
「内なる言葉」を組み合わせて、「外に向かう言葉」にしてみよう
大事なのは「内なる言葉」の語彙力)
第3章 考えぬかれた言葉は、君の強い味方になる(自分と向き合う時間をつくる
ひとりに伝われば、みんなに伝わる
断言できるまで「内なる言葉」と向き合う
君の言葉は、自分を導く旗になる
さぁ、高らかに「この指とまれ」をしよう)

著者紹介

梅田 悟司 (ウメダ サトシ)  
1979年生まれ。大阪院在学中にレコード会社を起業後、広告会社へ入社。マーケティングプランナーを経て、コピーライターに。広告制作の傍ら、新製品開発、アーティストへの楽曲提供など幅広く活動。直近の仕事に、ジョージア「世界は誰かの仕事でできている。」のコピーライティングや、TBSテレビ「日曜劇場」のコミュニケーション・ディレクターなどがある。CM総合研究所が選ぶコピーライターランキングトップ10に2014年以降4年連続で選出される他、国内外30以上の賞を受ける。横浜市立大学客員研究員、多摩美術大学非常勤講師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)