• 本

天皇の歴史 8

昭和天皇と戦争の世紀

講談社学術文庫 2488

出版社名 講談社
出版年月 2018年7月
ISBNコード 978-4-06-512290-7
4-06-512290-2
税込価格 1,609円
頁数・縦 499P 15cm
シリーズ名 天皇の歴史

商品内容

要旨

一九〇一年、明治天皇の初皇孫として生まれた迪宮裕仁は、その前半生に三度、焦土に立つ運命にあった。八七年の生涯を通じて、総力戦の悲惨さと戦後の繁栄を経験した昭和天皇は、いかに歴史の「動力」となっていったのか。昭和の戦争は平成の天皇に何を残したのか。「新憲法」「平和」「アメリカ」「沖縄」などの視点から、「象徴天皇の時代」を大幅に増補。

目次

序章 昭和天皇とその時代
第1章 大正期の政治と宮中の活性化
第2章 昭和の船出と激動する世界
第3章 内なる戦い
第4章 大陸と太平洋を敵として
終章 戦いすんで
補章 象徴天皇の昭和・平成

おすすめコメント

生涯に三度、焦土に立った天皇の眼に、戦争はどのように映っていたのか? 昭和戦後から平成までの「象徴天皇の時代」を大幅に加筆!

著者紹介

加藤 陽子 (カトウ ヨウコ)  
1960年生まれ。東京大学大学院博士課程修了。博士(文学)。現在、東京大学大学院人文社会系研究科教授。専攻は日本近代史。2010年に『それでも、日本人は「戦争」を選んだ』で第9回小林秀雄賞を、2017年に『戦争まで』で第7回紀伊國屋じんぶん大賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)