• 本

フリー!

双葉文庫 お−37−03

出版社名 双葉社
出版年月 2018年7月
ISBNコード 978-4-575-52131-3
4-575-52131-0
税込価格 703円
頁数・縦 313P 15cm

商品内容

要旨

緑川千春は広告代理店のデザイナーとして働く37歳。人手不足による残業、配慮のない上司たちに限界を感じ、なかば衝動的に会社を辞めることに。しかし、待っていたのは想像以上に厳しい現実だった。そんな千春を癒やしてくれたのは、音信不通のまま関係が途切れたかつての恋人が教えてくれた近所にある日本酒バー『drop』。マスターや、店で出会った人々との交流によって千春の人生は少しずつ変化していき―。人生の岐路に立つ女性の姿を丹念に描いた長編小説。

おすすめコメント

緑川千春は食品メーカーの子会社の広告代理店に働く37歳。仕事や恋愛に心をすり減らされる日々に、疲れはもう限界だ。かつての恋人が教えてくれた、千春のとっておきの癒し場所、日本酒バー『drop』。お店で出会った人々との交流の中で、千春は新しい道を探し、進んでいく。『残花繚乱』、小説版『?を愛する女』で話題の著者による、自活する女性の苦悩、決断、努力……それに伴う内面の葛藤を丹念に掬いとった長編小説。

著者紹介

岡部 えつ (オカベ エツ)  
1964年、大阪府生まれ。群馬県育ち。2008年に第3回『幽』怪談文学賞短編部門大賞を受賞し、翌年に受賞作を表題とした短編集『枯骨の恋』(文庫化にあたり『夢に抱かれて見る闇は』と改題)でデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)