• 本

からだからのメッセージが、人生を変える 症状とことだまで読み解くからだの声事典

出版社名 主婦と生活社
出版年月 2018年7月
ISBNコード 978-4-391-15203-6
4-391-15203-7
税込価格 1,512円
頁数・縦 189P 19cm

商品内容

要旨

からだの気になる部位や症状に意識を向けると、今の自分が見えてくる、どうすればいいかが見えてくる。まったく新しい解体新書!からだとこころはつながっています。その状態、からだからのアドバイスなのです。

目次

第1章 この本の使い方
第2章 タッキー先生監修 「からだの声」の読み解き方(頭―こころとからだを動かすスーパーコンピューター。考えすぎていませんか?ひらめきや感じとる能力を思い出して
髪―栄養の行き渡りが滞っていると、ダメージが。物わかりのいい人になって、やけに冷めていませんか?
顔―今の自分が端的に表れている「鏡」。鏡を使って見つめることで、答えが見えてくるかも ほか)
第3章 水蓮先生監修 ことだまで読み解くからだの症状と病名(イガイガ―気が散って、自分のやりたいことができていないと感じています
ガサガサ―本来の自由さや、瞬発力が制限されています
ガンガン―自分の努力が周りから評価されていないと感じています ほか)
第4章 こんなときは?―からだの思いの読み解き方Q&A(からだ
ことだま)
第5章 対談 タッキー先生×水蓮先生―よりよい人生のために

おすすめコメント

心とからだはつながっている&#8212 。からだの不調から、今の心の状態やこの先の生き方について読み解く。

著者紹介

タッキー先生 (タッキーセンセイ)  
1957年生まれ。兵庫県出身。一般社団法人からだ学研究所代表理事。神戸女子薬科大学薬学部薬学科卒業。薬剤師、日本メンタルヘルス協会認定公認心理カウンセラーの資格を持つ。20年間で約18万件のカウンセリングをした薬剤師時代に「同じからだの症状の人には、同じ口グセがある」ということに気づき、こころとからだの結びつきについても東洋医学、生理学、心理学を学び始める。それらの経験をもとに、からだの部位それぞれからの声を伝える「からだの通訳者」として活躍中
水蓮 (スイレン)  
ことだま鑑定水蓮流家元、一般社団法人ことだま協会代表理事。名前の持つ音の響きと、性格分析を組み合わせた独自の鑑定法「ことだま鑑定」の創始者。17年間で20社近くの会社で、社員、派遣社員、アルバイトなど様々な職種を経験しながら、この世で自分がいちばん役に立てる仕事を探す。2008年から、ことだまを学び始め、2012年に、「ことだま鑑定師」として独立。個人鑑定を行うと同時に「ことだま講座」も開講。ブログ&口コミで噂が広がり全国各地で、講座や鑑定などを行う(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)