• 本

下町ロケット 〔3〕

ゴースト

出版社名 小学館
出版年月 2018年7月
ISBNコード 978-4-09-386515-9
4-09-386515-9
税込価格 1,620円
頁数・縦 299P 19cm
シリーズ名 下町ロケット

書店レビュー 総合おすすめ度: 全1件

  • 下町ロケット ゴースト

    池井戸潤の大人気代表作シリーズが再び帰ってきた。最新作第三弾、そして早くもこの後には第四弾がスタンバイしている。数々の挫折に屈しない男たちの下町での戦いに新たな挑戦が始まる。お馴染みの佃製作所の個性派キャラの面々にも、動きが出てきた。大きな期待を裏切らない展開が待っています。目の前にはドラマ化が決定、さらには本作の後編になりそうな第四弾も仕込まれている。この機を逃さずに読んでいただきたい。初めての読者にも、これまでの展開や設定がわかりやすいので、躊躇せずに飛び込んでもらいたい。

    (2018年9月17日)

商品内容

要旨

宇宙から人体へ。次なる部隊は大地。佃製作所の新たな戦いの幕が上がる。倒産の危機や幾多の困難を、社長の佃航平や社員たちの、熱き思いと諦めない姿勢で切り抜けてきた大田区の町工場「佃製作所」。高い技術に支えられ経営は安定していたかに思えたが、主力であるロケットエンジン用バルブシステムの納入先である帝国重工の業績悪化、大口取引先からの非情な通告、そして、番頭・殿村の父が倒れ、一気に危機に直面する。ある日、父の代わりに栃木で農作業する殿村のもとを訪れた佃。その光景を眺めているうちに、佃はひとつの秘策を見出だす。それは、意外な部品の開発だった。ノウハウを求めて伝手を探すうち、佃はベンチャー企業にたどり着く。彼らは佃にとって敵か味方か。大きな挫折を味わってもなお、前に進もうとする者たちの不屈の闘志とプライドが胸を打つ!大人気シリーズ第三弾!!

おすすめコメント

「佃製作所」社長の佃航平は、取引先からの新型エンジンの採用撤回や、 帝国重工のロケット打ち上げ計画存亡危機により、またしても窮地に立たされる。そんな中、佃は新たな商品開発を思いつくのだが−−。

出版社・メーカーコメント

宇宙(そら)から大地へ。いま、佃製作所の新たな戦いの幕が上がる!倒産の危機や幾多の困難を、社長の佃航平や社員たちの、熱き思いと諦めない姿勢で切り抜けてきた大田区の町工場「佃製作所」。しかし、またしても佃製作所は予期せぬトラブルにより窮地に陥っていく。いまや佃製作所のシンボルとなったロケットエンジン用バルブシステムの納入先である帝国重工の業績悪化、主要取引先からの非情な通告、そして、番頭・殿村に訪れた危機――。そんな絶体絶命のピンチを切り抜けるため、佃が下した意外な決断とは・・・・・・。大きな挫折を味わってもなお、前に進もうとする者たちの不屈の闘志とプライドが胸を打つ! 大人気シリーズ第三弾!!下町ロケットシリーズ「宇宙から大地」編、開幕!!