• 本

炭鉱と「日本の奇跡」 石炭の多面性を掘り直す

出版社名 青弓社
出版年月 2018年7月
ISBNコード 978-4-7872-3438-4
4-7872-3438-2
税込価格 2,592円
頁数・縦 213P 21cm

e-honサイト上の「税込価格」の表示変更について

日時 表示価格
2019年9月27日(金)午前9:59まで 旧税率8%の税込価格
2019年9月27日(金)午前10:00〜 新税率10%の税込価格

サイト上の表示に関わらず、お受取・支払いが10月1日以降となる場合は、新税率10%が適用されます。 詳しくは、e-honの消費税率改定に伴う詳しいご案内をご覧ください。

書籍ダイジェスト配信サービス SERENDIP 厳選書籍

要旨

かつて日本の産業を支えた「炭鉱」。だが今、その存在を未来志向のイメージで捉える人はおそらく少ないだろう。だが、炭鉱や石炭産業を単に「終わった産業」として捨て置くのはもったいない。そこには歴史的教訓の他に、産業遺産・観光資源としての役割や、アジア諸国への技術移転など、貴重な財産が眠っているのだ。本書では、「炭鉱」の歴史と現在を踏まえ、その多面的な役割と可能性にスポットを当てる。閉山後の地域振興と地方自治のあり方、企業の産業転換や事業変更の方向性、文化遺産としての活用、家族や労働組合の対応などをテーマに据え、経済史・社会学・地理学などの研究者がそれぞれの専門からの視点で論じている。編著者を含む6名の執筆者はいずれも2008年に結成された「産炭地研究会(JAFCOF)」のメンバー。同研究会は、全国の炭鉱地帯を対象に専門分野を横断する研究を続けている。編著者の中澤秀雄氏は中央大学法学部教授で地域社会学を専攻。嶋崎尚子氏は早稲田大学文学学術院教授で、ライフコース社会学、家族社会学を専攻している。
※要旨の情報〔社会情勢、著者経歴など〕は、作成日当時のものです。
以降内容が変わっている場合があります。[要旨作成日:2018年08月29日]

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

戦後日本を作り出した炭鉱の歴史と現在を、企業・自治・家族・女性・産業遺産などの視点から浮き彫りにし、グローバルに展開する世界の炭鉱とも比較して、炭鉱とそこに生きた人々の歴史的意義や今日の可能性を照らし出す。

目次

序章 炭鉱から掘る日本の「奇跡」
第1章 炭鉱遺産―なぜ人をこんなにも引き付けるのか
第2章 炭鉱の歴史から学べること
第3章 炭鉱閉山と家族―戦後最初のリストラ
第4章 産炭地と「自治」―夕張はなぜ破綻したのか、どこにいくのか
第5章 炭鉱と労働運動―何を大事にすべきなのか
第6章 産炭地の女性たち―「母親運動」の評価をめぐって
第7章 グローバルな共通言語としての炭鉱

著者紹介

中澤 秀雄 (ナカザワ ヒデオ)  
1971年、東京都生まれ。中央大学法学部教授。専攻は地域社会学。著書に『住民投票運動とローカルレジーム』(ハーベスト社)、共著に『平成史(増補新版)』(河出書房新社)など
嶋〓 尚子 (シマザキ ナオコ)  
1963年、東京都生まれ。早稲田大学文学学術院教授。専攻はライフコース社会学、家族社会学。共編著に『現代家族の構造と変容』(東京大学出版会)、共著に『近代社会と人生経験』(放送大学教育振興会)など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)