• 本

東大教授がおしえるやばい日本史

出版社名 ダイヤモンド社
出版年月 2018年7月
ISBNコード 978-4-478-10395-1
4-478-10395-X
税込価格 1,080円
頁数・縦 183P 19cm

商品内容

要旨

歴史ってすごいばかりじゃたのしくない。日本の歴史を作った「すごい」人は、同じくらい「やばい」人だった。

目次

第1章 ゆかいなとりまきと天皇の時代(日本ではじめて王になった女性 卑弥呼―じつは引きこもりのおばあちゃん
さえわたる頭脳で日本の政治のシステムを作る 聖徳太子―上から目線で隋の皇帝をキレさせる ほか)
第2章 ひまを持てあました貴族たちの時代(ふしぎな力でセレブを守ったスーパー陰陽師 安倍晴明―妻をめぐって弟子と霊能力バトルに発展
なぞの自信で出世して日本一の権力をにぎる 藤原道長―イケイケな歌を発表した直後ぜいたく三昧でバタリ ほか)
第3章 地方の怒れる武士の時代(その場のノリで室町幕府を開く 足利尊氏―ミュージカルに夢中になって弟に怒られ、逆ギレ
やる気のない夫にかわり政治をあやつる 日野富子―じゃま者は殺すまでゆるさない ほか)
第4章 刺激はないけど平和な徳川家の時代(下働きから将軍のプロデューサーに出世する 春日局―自分で作った門限を破り野宿するはめに
日本中を旅して俳句をきわめる 松尾芭蕉―武将おたくで遺言は「推しメンの隣に埋めて」 ほか)
第5章 とつぜんハジけた庶民の時代(コミュ力と語学力で最初の総理大臣になる 伊藤博文―恋愛体質すぎて明治天皇にしかられる
悩み苦しみながらもベストセラーを連発し弟子まで育てる 夏目漱石―原稿用紙に鼻毛を植え付け弟子にコレクションされる ほか)

著者紹介

本郷 和人 (ホンゴウ カズト)  
東京大学史料編纂所教授。東京都出身。東京大学・同大学院で石井進氏・五味文彦氏に師事し日本中世史を学ぶ。大河ドラマ『平清盛』など、ドラマ、アニメ、漫画の時代考証にも携わっている
和田 ラヂヲ (ワダ ラジオ)  
漫画家。愛媛県松山市出身。ラジオパーソナリティとしても活動
横山 了一 (ヨコヤマ リョウイチ)  
漫画家。北海道釧路市出身。2002年週刊ヤングマガジンにて『熱血番長鬼瓦椿』(講談社)でデビュー
滝乃 みわこ (タキノ ミワコ)  
編集者。広島県出身(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)