• 本

「リベラル」がうさんくさいのには理由がある

集英社文庫 た85−3

出版社名 集英社
出版年月 2018年7月
ISBNコード 978-4-08-745767-4
4-08-745767-2
税込価格 605円
頁数・縦 270P 16cm

商品内容

要旨

日本の「リベラル」はデタラメ?世界標準から大きくかけ離れた日本独自の奇怪な思想である!太平洋戦争の総括、憲法9条、従軍慰安婦問題、雇用・労働問題…あらゆる局面で高らかにあがる“リベラル”な人たちの声は、どうして政局に反映されないのか?「リベラル」談義に慣れている人にも、そもそもそれ何よ、と思っているあなたにも分かりやすく、ベストセラー作家がズバリ提言!

目次

0 「リベラル」の失敗―「沖縄『集団自決』裁判」とはなんだったのか
1 不思議の国のリベラリズム
2 日本人の働き方はこんなにヘン
3 テロと宗教
4 素晴らしい理想世界
EPILOGUE まっとうなリベラリズムを再生するには

おすすめコメント

安倍政権を「極右だ」「ヒトラーだ」と批判し続けるリベラルメディアやリベラル文化人は、なぜいつまでも主張が通じないのか? 「まともな政治論争のできる国」にするため、人気作家がズバリ提言!

出版社・メーカーコメント

安倍政権を「極右だ」「ヒトラーだ」と批判し続けるリベラルメディアやリベラル文化人は、なぜいつまでも主張が通じないのか?「まともな政治論争のできる国」にするため、人気作家がズバリ提言!

著者紹介

橘 玲 (タチバナ アキラ)  
1959年生まれ。2002年、国際金融小説『マネーロンダリング』で作家デビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)