• 本

あの夏 下

君が輝いた甲子園

出版社名 朝日新聞出版
出版年月 2018年7月
ISBNコード 978-4-02-331724-6
4-02-331724-1
税込価格 1,836円
頁数・縦 407P 19cm
シリーズ名 あの夏

商品内容

目次

孤独な怪物は雨に散った―第55回記念大会(1973年)2回戦・銚子商‐作新学院
スリーバント 広商の結晶―第55回記念大会(1973年)決勝・広島商‐静岡
薩摩の小舟 巨大戦艦討つ―第56回大会(1974年)準々決勝・鹿児島実‐東海大相模
炭鉱町を熱狂させた若き鬼―第47回大会(1965年)決勝・三池工‐銚子商
板東vs.村椿 36個並んだ『0』―第40回記念大会(1958年)準々決勝・徳島商‐魚津
伝説の剛腕 挑んだ春夏連覇―第45回記念大会(1963年)決勝・明星‐下関商
『怪童』尾崎 雪辱の第3幕―第43回大会(1961年)準決勝・浪商‐法政二
終わらぬ『0』列島くぎ付け―第51回大会(1969年)決勝・松山商‐三沢
松坂攻略の真実 さらに奥へ―第80回記念大会(1998年)準々決勝・横浜‐PL学園
またも 逆転満塁弾―第89回大会(2007年)決勝・佐賀北‐広陵
同胞の名 見つめた一戦―第63回大会(1981年)決勝・報徳学園‐京都南
どうにもならない力の差―第64回大会(1982年)準々決勝・池田‐早稲田実
特別編 あの夏を語る―第67回大会(1985年)決勝・PL学園‐宇部南

おすすめコメント

朝日新聞で2014年に始まった連載「あの夏」が単行本に! 下巻は作新学院・江川卓、36個のゼロを並べた徳島商・板東英二、伝説の延長17回を制した横浜・松坂大輔、そして延長再試合を演じた早稲田実・斎藤佑樹と駒大苫小牧・田中将大らの記憶を紡ぐ。