• 本

死ぬまで歩ける足腰は「らくスクワット」で作りなさい

出版社名 宝島社
出版年月 2018年7月
ISBNコード 978-4-8002-8459-4
4-8002-8459-7
税込価格 1,296円
頁数・縦 125P 21cm

商品内容

要旨

自分の体や人生を年のせいにしてダメにするなんて、本当にもったいないですよね。平均年齢64歳の「きくち体操」教室で大評判。元気に歩いて楽しく過ごすため「らくスクワット」を始めてください。

目次

はじめに 1日1回だから続く!きくち体操の「らくスクワット」
第1章 解説編 「らくスクワット」って何?(死ぬまで歩ける足腰を作る!今日から始めよう!「らくスクワット」
死ぬまで歩ける足腰だけじゃない!「らくスクワット」のうれしい効果
「らくスクワット」は量より質!いい加減に何度もやるより、本気の1回が効果あり! ほか)
第2章 実践編 「らくスクワット」をやってみよう(「らくスクワット」をする前にいまの状態をチェックしてみよう
実践編ページのみかた
1日1回、心をこめてやろう!死ぬまで歩ける足腰を作るらくスクワット ほか)
第3章 「らくスクワット」ができないときは(歩けない原因は、足の指が弱っているせいかも?足をよくさわってみよう
どの指にも力が入れば歩く力を保つことができます 足の指と手の指で握手する
つらくない腹筋で、足腰の力を育てる お腹をふくらませたりへこませたりする)
おわりに 最後の日まで、自立した人生を送りましょう

おすすめコメント

「死ぬまで歩ける」ことは人類最大の望みです。それにはスクワットが最適。キツイ印象のあるスクワットですが、60歳を過ぎても無理なくできる「らくスクワット」の方法を、「きくち体操」創始者・菊池和子(84歳)が提案します。スクワットは、それをするのに必要な筋肉が多く、全身への効果がとても高い動きです。正しく行えば、1回でOK!健康な人だけでなく、すでに脚の悪い寝たきりの人、車椅子の人にもできる、スクワットと同じ効果を導き出す方法もあわせて掲載予定です。

著者紹介

菊池 和子 (キクチ カズコ)  
1934年生まれ。日本女子体育短期大学卒業。体育教師を経て「きくち体操」を創始。川崎本部のほか、東京、神奈川などの教室、カルチャースクールなどで指導を行う。心と体、脳とのつながりに着目した“いのちの体操”は、性別・年齢を問わず多くの支持を得ている。日本ペンクラブ会員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)