• 本

能面検事

出版社名 光文社
出版年月 2018年7月
ISBNコード 978-4-334-91233-8
4-334-91233-8
税込価格 1,760円
頁数・縦 287P 19cm

商品内容

要旨

巷を騒がす西成ストーカー殺人事件を担当している、大阪地検一級検事の不破俊太郎と新米検察事務官の惣領美晴。どんな圧力にも流されず、一ミリも表情筋を動かすことのない不破は、陰で能面と呼ばれている。自らの流儀に則って調べを進めるなかで、容疑者のアリバイは証明され、さらには捜査資料の一部が紛失していることが発覚。やがて事態は大阪府警全体を揺るがす一大スキャンダルへと発展し―警察内から裏切りと揶揄される不破の運命は、そしてストーカー事件の思いもよらぬ真相とは―大阪地検一級検事・不破俊太郎。孤立上等、抜き身の刀、完全無欠の司法マシンが、大阪府警の暗部を暴く!

おすすめコメント

孤立上等!完全無欠の司法マシーン・不破俊太郎が、世のしがらみをばっさり切り捨て、真実をさらけ出す!一気読み必至のミステリー。

著者紹介

中山 七里 (ナカヤマ シチリ)  
1961年岐阜県生まれ。『さよならドビュッシー』で第8回「このミステリーがすごい!」大賞を受賞し、2010年にデビュー。著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)