• 本

声のきめ インタビュー集1962−1980

出版社名 みすず書房
出版年月 2018年7月
ISBNコード 978-4-622-07530-1
4-622-07530-X
税込価格 6,600円
頁数・縦 535P 20cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

『零度のエクリチュール』から『明るい部屋』までの自著について、映画、小説、批評、恋愛、快楽について、魅力あふれる率直さで語った38本の対談を一巻に集成。

目次

パロールからエクリチュールへ
物は何かを意味するのか?
映画について
わたしは影響を信じない
記号学と映画
「ヌーヴェル・クリティック」の名のもとに、ロラン・バルトがレーモン・ピカールに答える
『モードの体系』および物語の構造分析について
『モードの体系』
一篇の科学的な詩をめぐる対話
『S/Z』と『記号の国』について〔ほか〕

著者紹介

バルト,ロラン (バルト,ロラン)   Barthes,Roland
1915‐1980。フランスの批評家・思想家。1953年に『零度のエクリチュール』を出版して以来、現代思想にかぎりない影響を与えつづけた。1980年2月25日に交通事故に遭い、3月26日に亡くなった
松島 征 (マツシマ タダシ)  
1942年‐2011年。京都大学名誉教授
大野 多加志 (オオノ タカシ)  
1952年生まれ。専門はフランス文学。翻訳書も多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)