• 本

開戦と終戦 帝国海軍作戦部長の手記

中公文庫 と35−1

出版社名 中央公論新社
出版年月 2018年7月
ISBNコード 978-4-12-206613-7
4-12-206613-1
税込価格 1,080円
頁数・縦 260P 16cm

商品内容

要旨

海軍軍令部作戦課長として対米開戦に立ち会い、終戦の年に同作戦部長として戦艦大和水上特攻に関わったエリート海軍軍人が、日本海軍の作戦立案の過程や、中枢部の人事機構、陸軍との連携など、組織としての海軍の有り様を詳述する。

目次

“男爵少尉”の誕生
太平洋戦争の予測
右回りか左回りか
ハル・ノート
ハワイ奇襲作戦
つぶれたF・S作戦
海軍参謀
図上演習の系譜
軍令承行令と海戦要務令
「大淀」艦長からラバウル時代へ〔ほか〕

おすすめコメント

作戦課長として対米開戦に立ち会い、終戦の年に作戦部長として戦艦大和水上特攻に関わった軍人が日本海軍の作戦立案や組織の有り様を語る〈解説〉戸高一成

著者紹介

富岡 定俊 (トミオカ サダトシ)  
明治30(1897)年、広島県江田島に生まれる。父は海軍中将・富岡定恭(男爵)。大正6(1917)年、海軍兵学校を卒業(四五期)。昭和4(29)年、海軍大学校を首席卒業(甲種二七期)。フランス駐在武官、国際連盟海軍代表随員、ジュネーブ軍縮会議全権委員随員、軍令部参謀、海軍省人事局員、第二艦隊首席参謀、海軍大学教官等を経て、太平洋戦争開戦時は軍令部第一部(作戦部)第一課長(大佐)。戦時中は大淀艦長、南東方面艦隊参謀長等を歴任し、終戦時は軍令部第一部長(少将)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)