• 本

中学校新学習指導要領音楽の授業づくり

出版社名 明治図書出版
出版年月 2018年7月
ISBNコード 978-4-18-286917-4
4-18-286917-6
税込価格 2,160円
頁数・縦 166P 22cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

本書は平成29年に告示された学習指導要領に基づき、中学校音楽科の授業実践を行う際の手がかりとなる基本的な考え方やアイデアを示したものです。

目次

第1章 キーワードでわかる音楽科の新学習指導要領(音楽的な見方・考え方
音楽科における主体的な学び
音楽科における対話的な学び ほか)
第2章 新学習指導要領を実現する授業づくりの手法と仕掛け(知識及び技能
思考力、判断力、表現力等)
第3章 主体的・対話的で深い学びのある音楽授業アイデア(情景を思い浮かべながら、思いを込めて歌おう―第1学年歌唱「夏の思い出」
輪奏でクラスの和を広げよう―第1学年器楽「Dona nobis pacem」
音楽の表す情景の移り変わりを感じ取ろう―第1学年鑑賞「四季」より「春」 ほか)

おすすめコメント

資質・能力、主体的・対話的で深い学び、見方・考え方、音楽に対する感性…など、様々な新しいキーワードが提示された新学習指導要領。それらをどのように授業で具現化すればよいのかを徹底解説。校内研修、研究授業から先行実施まで、あらゆる場面で活用できる1冊!

著者紹介

加藤 徹也 (カトウ テツヤ)  
東京都生まれ。東京芸術大学作曲科卒業。放送大学大学院文化科学研究科修了。東京都立高校教員、文部科学省主任教科書調査官を経て、武蔵野音楽大学音楽総合学科教授。東京芸術大学非常勤講師
山〓宇 正彦 (ヤマザキ マサヒコ)  
長野県出身。小・中・高等学校の教員を経て、武蔵野音楽大学音楽総合学科専任講師、東邦音楽大学(教職実践専攻)非常勤講師。その他、全国各地において主に鑑賞指導に関する講演を行ってきている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)