• 本

秘録島原の乱

出版社名 新潮社
出版年月 2018年7月
ISBNコード 978-4-10-311037-8
4-10-311037-6
税込価格 1,760円
頁数・縦 252P 20cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

炎上する大坂城で、死期を悟った豊臣秀頼に、密かに奏上する影があった。その名は明石掃部。脱出の手筈は万端だった。調達された舟で大坂湾を離れた秀頼は、一路九州・薩摩の地へ…。捲土重来を期した雌伏の四半世紀。あえなく秀頼は逝ったが、その遺志を継ぐ軍団が起つ時を窺っていた。寛永御前試合が齎した一瞬の政治的空白を衝いて、軍団の要として島原に現れた天草四郎。その横顔は、さる貴人に瓜二つだった…。

著者紹介

加藤 廣 (カトウ ヒロシ)  
1930年、東京生れ。東大法学部卒。中小企業金融公庫、山一證券等を経て経営コンサルタントに。2005年、長編時代小説『信長の棺』を引っ提げて文壇デビュー。2018年4月没(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)