• 本

柔術(やわら)の動き方「肩の力」を抜く! 相手に作用する!反応されない!

出版社名 BABジャパン
出版年月 2018年8月
ISBNコード 978-4-8142-0144-0
4-8142-0144-3
税込価格 1,620円
頁数・縦 213P 19cm

商品内容

要旨

“脱力”できれば、フシギと強い!柔術は、人との関わりのなかで最高にリラックスする方法。日常動作や生き方にも通じる方法をわかりやすく教える!

目次

「帯に短し、たすきに長し」―脱力のバランス
「七転び八起き」―迷ったら転がれ
“陰陽”「楯の両面を見よ」―身体も頭も居つかないように
“目・首”「目は口ほどにものを言う」―目が居つかないように
“腕”「腕を上げる」―肩肘は下ろす
“足”「地に足をつける」―蹴らずに大地を踏みしめろ
“歩く”「犬も歩けば棒にあたる」―歩きださなきゃ始まらない
“腰”「腰と重力の関係」―腰を落ち着ける
“力の先”「暖簾に腕押し」―手応えのない力を目指して
“分離と固定”「付かず離れず」―力に向かわず力から逃げず
“皮膚”「皮を引けば身がつく」―皮膚で相手を捕らえる
“呼吸”「息が通う身体」―呼吸と脱力の関係
“脳”「脳みそを絞る」―脳も脱力が大事

著者紹介

広沢 成山 (ヒロサワ セイザン)  
八光流柔術・三大基柱拾段師範、鍼灸師、皇法指圧師。1970年生まれ。少林寺拳法、中国武術を学んだ後、1993年、八光流柔術に入門。1999年に八光流柔術師範、2000年に皆伝・基柱師範を取得。2009年、八光流柔術の稽古会をスタートさせ、2010年、千葉県の馬橋にて道場を開く。現在、「八光流柔術豊和会」を主宰し、千葉・東京・神奈川で指導している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)