• 本

夢の猫本屋ができるまで Cat’s Meow Books

出版社名 ホーム社
出版年月 2018年7月
ISBNコード 978-4-8342-5320-7
4-8342-5320-1
税込価格 1,870円
頁数・縦 253P 19cm

商品内容

要旨

保護猫が「店員」として常駐。店内の本はすべて「猫本」。収益の一部を保護猫団体へ寄付。立地はあえて住宅地の片隅。資金の一部はクラウドファンディング。そんな前代未聞の猫本屋はいかにして出来たのか?「何かはじめたい」人に、そして、本と本屋と猫を愛するすべての人に。開業資金や月別収支も惜しみなく公開し、かつてないほど具体的なヒント満載の一冊!

目次

はじめに―キャッツミャウブックスへようこそ
第1章 キャッツミャウブックスができるまで プラン完成編(本と猫とビール―着想からプランニングの大枠
本屋への布石はビブリオバトル? ほか)
第2章 キャッツミャウブックスができるまで 具体的準備編(賃貸ではなく自宅兼店舗にするメリット
試行錯誤の資金計画―マイナス思考を避けてシミュレーション ほか)
第3章 いざ開店!理想と現実(棚がスカスカ!?―開店当日のこと1
やってみないと分からない―開店当日のこと2 ほか)
第4章 進化する本屋さん(メディアに載るということ
インプットとアウトプットのバランス ほか)

おすすめコメント

「猫が本屋を助け、本屋が猫を助ける」そんな夢の本屋があります!日本初「猫がいる猫本専門店」として東京・三軒茶屋にオープンしたCatVs Meow Books。 夢の本屋の開業物語。

出版社・メーカーコメント

日本初「保護猫がいる猫本専門店」として、TVや各メディアにひっぱりだこの本屋Cat’sMeowBooks。会社員をしながらパラレルキャリアで夢を叶えるノウハウ満載。猫と本の未来を明るくする本屋開業物語。

著者紹介

井上 理津子 (イノウエ リツコ)  
1955年奈良市生まれ。タウン誌記者を経てフリーに。主に人物ルポや葬送文化、本屋をテーマに執筆
安村 正也 (ヤスムラ マサヤ)  
1968年大阪府生まれ岡山県育ち。Cat’s Meow Books店主。本を紹介するゲーム「ビブリオバトル」の世界ではレジェンド的存在(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)