• 本

花仙国伝 後宮の睡蓮と月の剣

角川ビーンズ文庫 BB118−4

出版社名 KADOKAWA
出版年月 2018年8月
ISBNコード 978-4-04-107260-8
4-04-107260-3
税込価格 660円
頁数・縦 239P 15cm
シリーズ名 花仙国伝

商品内容

要旨

建国以来、時の“花仙”に見いだされた王が治めてきた瑞湖国。その片田舎で暮らす少女・明遠のもとに、ある日突然王宮からのお迎えが。当代の花仙に指名された、といきなり後宮に連れていかれる。そこで待つ美貌の青年、睡蓮の花仙は、「次の王はあなたです」の一点張り。即位の押しつけに抗う明遠だが、睡蓮仙は片時も離れない。しかも、彼の持つ“予知夢”の力が、次々と不穏な事件を告げ…!?煌めく宿命の中華ファンタジー!

おすすめコメント

花仙に選ばれし者が王――圏外姫が!? 煌めく宿命の中華ファンタジー! ”花仙”に選ばれし者が王となり、百花繚乱の世に――瑞湖国の片田舎で暮らす少女・明遠。ある日突然王宮からお迎えが。当代の花仙、美貌の青年”睡蓮”に指名され、新王として、陰謀渦巻く後宮に切り込む事に!?

著者紹介

天川 栄人 (テンカワ エイト)  
岡山県出身。第13回角川ビーンズ小説大賞審査員特別賞を受賞。『ノベルダムと本の虫』(受賞作改稿、単行本での刊行)にてデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)