• 本

走り続ける力

出版社名 毎日新聞出版
出版年月 2018年7月
ISBNコード 978-4-620-32497-5
4-620-32497-3
税込価格 1,404円
頁数・縦 206P 19cm

商品内容

要旨

ノーベル賞科学者の「人間力」に迫る!iPS細胞による再生医療の実現に向け、京大iPS細胞研究所(CiRA)を率い、苦闘する日々…ノーベル賞科学者の栄光と挫折を、山中伸弥が自ら語る!周囲の証言を交え初めて描く、「人間力」の秘密。

目次

第1部 走り続けて(走り続けて1―臨床応用というゴール
走り続けて2―私のビジョン
江崎玲於奈氏と語る、日本の科学技術の未来
井山裕太九段と語る、国際的に活躍するヒント)
第2部 人間・山中伸弥(素顔の山中伸弥
Be open minded―世界的バイオリニスト、レイ・チェン氏との友情
なぜ走り続けるのか
iPS細胞と再生医療研究の現状)

おすすめコメント

ノーベル賞研究者として、組織のリーダーとして、一人の人間として…… ゴールまで走り続ける力の秘密を、京大IPS研山中教授が初めて明かす!

著者紹介

山中 伸弥 (ヤマナカ シンヤ)  
1962年大阪府生まれ。神戸大学医学部卒業、大阪市立大学大学院医学研究科修了。米国グラッドストーン研究所博士研究員を経て、1996年に大阪市立大学医学部助手、1999年奈良先端科学技術大学院大学遺伝子教育研究センター助教授、2003年同教授。2004年京都大学再生医科学研究所教授、2010年4月から京都大学iPS細胞研究所所長。皮膚細胞からiPS細胞を作りだすことに成功し、2012年ノーベル生理学・医学賞を受賞。独のロベルト・コッホ賞、カナダのガードナー国際賞、米ラスカー賞、イスラエルのウルフ賞、京都賞など国内外の科学賞を多数受賞したほか、2011年に米国科学アカデミー外国人会員、2012年に文化勲章を授与されている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)