• 本

悪玉伝

出版社名 KADOKAWA
出版年月 2018年7月
ISBNコード 978-4-04-106919-6
4-04-106919-X
税込価格 1,728円
頁数・縦 325P 20cm

商品内容

文学賞情報

2018年 第22回 司馬遼太郎賞受賞

要旨

大坂の炭問屋の主・木津屋吉兵衛は、切れ長の目許に高い鼻梁をもつ、三十六の男盛り。学問と風雅を好み、家業はそっちのけで放蕩の日々を過ごしていた。そこへ実の兄の訃報が伝えられる。すぐさま実家の大商家・辰巳屋へ駆けつけて葬儀の手筈を整えるが、事態は相続争いに発展し、奉行所に訴状が出されてしまう。やがて噂は江戸に届き、将軍・徳川吉宗や寺社奉行・大岡越前守忠相の耳に入る一大事に。真っ当に跡目を継いだはずが謂れなき罪に問われた吉兵衛は、己の信念を貫くため、将軍までをも敵に回した大勝負に挑むが―。

おすすめコメント

江戸時代最大の贈収賄事件の行く末は? 歴史エンタメの最高峰。 大坂の炭問屋・木津屋の吉兵衛のもとに、兄の訃報が伝えられる。吉兵衛が生家である辰巳屋に戻ると、事態は兄の養子との相続争いに発展。相続争いはやがて将軍の耳にも入り、江戸を巻き込む大騒動となるが――

著者紹介

朝井 まかて (アサイ マカテ)  
1959年、大阪府府生まれ、甲南女子大学文学部卒業。2008年、小説現代長編新人賞奨励賞を『実さえ花さえ』(のちに『花競べ 向嶋なずな屋繁盛記』に改題)を受賞し、デビュー。14年に『恋歌』で直木賞を受賞したのを皮切りに、同年『阿蘭陀西鶴』で織田作之助賞、15年『すかたん』で大阪ほんま本大賞、16年『眩』で中山義秀文学賞、17年『福袋』で舟橋聖一文学賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)