• 本

アメリカ最後の実験

新潮文庫 み−61−1

出版社名 新潮社
出版年月 2018年8月
ISBNコード 978-4-10-121541-9
4-10-121541-3
税込価格 594円
頁数・縦 317P 16cm

商品内容

要旨

音楽家の父を探すため、アメリカの難関音楽学校を受験した脩。癖のある受験生や型破りな試験に対峙する中、会場で「アメリカ最初の実験」と謎のメッセージが残された殺人事件が発生。やがて第二、第三と全米へ連鎖していくその事件に巻き込まれた脩は、かつて父と仲間が音楽によって果たそうとした夢こそが事件に深く関わっていたと知る。気鋭の作家が描く全く新しい音楽小説、ここに誕生!

著者紹介

宮内 悠介 (ミヤウチ ユウスケ)  
1979(昭和54)年東京生れ。’92(平成4)年までニューヨーク在住、早稲田大学第一文学部卒。在学中はワセダミステリクラブに所属。2012年の単行本デビュー作『盤上の夜』は直木賞候補となり、日本SF大賞を受賞。’13年、『ヨハネスブルグの天使たち』も直木賞候補となり、日本SF大賞特別賞を受賞した。同年に「(池田晶子記念)わたくし、つまりNobody賞」を受賞。’17年、『彼女がエスパーだったころ』で吉川英治文学新人賞、前年芥川賞候補となった『カブールの園』で三島由紀夫賞を受賞した(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)