• 本

紺碧の果てを見よ

新潮文庫 す−27−4

出版社名 新潮社
出版年月 2018年8月
ISBNコード 978-4-10-126974-0
4-10-126974-2
税込価格 961円
頁数・縦 648P 16cm

e-honサイト上の「税込価格」の表示変更について

日時 表示価格
2019年9月27日(金)午前9:59まで 旧税率8%の税込価格
2019年9月27日(金)午前10:00〜 新税率10%の税込価格

サイト上の表示に関わらず、お受取・支払いが10月1日以降となる場合は、新税率10%が適用されます。 詳しくは、e-honの消費税率改定に伴う詳しいご案内をご覧ください。

商品内容

要旨

会津出身の父から「喧嘩は逃げるが、最上の勝ち」と教えられ、反発した鷹志は海軍の道を選び、妹の雪子は自由を求めて茨の道を歩んだ―。海軍兵学校の固い友情も、つかの間の青春も、ささやかな夢も、苛烈な運命が引き裂いていく。戦争の大義を信じきれぬまま、海空の極限状況で、彼らは何を想って戦ったのか。いつの時代も変わらぬ若者たちの真情を、紺碧の果てに切々と描く感動の大作。

著者紹介

須賀 しのぶ (スガ シノブ)  
1972(昭和47)年、埼玉県生れ。上智大学で史学を専攻。’94(平成6)年、『惑星童話』でコバルト・ノベル大賞読者大賞を受賞し、デビュー。2012年、『芙蓉千里』三部作で、センス・オブ・ジェンダー大賞受賞。’16年、『革命前夜』で大藪春彦賞受賞。『また、桜の国で』で高校生直木賞を受賞した(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)