• 本

アフター・ヨーロッパ ポピュリズムという妖怪にどう向きあうか

出版社名 岩波書店
出版年月 2018年8月
ISBNコード 978-4-00-061286-9
4-00-061286-7
税込価格 2,090円
頁数・縦 126,6P 20cm

商品内容

要旨

難民・移民危機という「移民革命」は、どのように欧州社会を変容させたのか。有権者の「能力主義的エリート」への反乱はなぜ起こっているのか。そしていま、EU諸国のリベラル・デモクラシー体制は、台頭する極右ポピュリスト政党による「反革命」の動きのなかで内部的危機に直面している。かつてソ連解体と東欧革命という「大規模な崩壊」をそのただなかで体験したブルガリアの知識人が、透徹した歴史的視座から「アフター・ヨーロッパ」を考察したのが本書である。

目次

はじめに 既視感としてのハプスブルク帝国―EUの危機的状況(ハプスブルク帝国の分裂
欧州分裂の理論の欠如 ほか)
第1章 われわれ欧州人(移民(難民)危機―あるいは、歴史はなぜ終わらなかったのか
主張と投票の移動 ほか)
第2章 かれら人民(ポピュリズムという妖怪
中欧のパラドクス ほか)
おわりに ハプスブルク帝国の再現?―欧州の脆弱性と復元力について(当然の世界としてのEU
新たな希望)

おすすめコメント

EU諸国がポピュリズムの台頭で内部的危機に直面する現在、「アフター・ヨーロッパ」を冷静に論じる。

著者紹介

クラステフ,イワン (クラステフ,イワン)   Krastev,Ivan
1965年生。ブルガリア出身。ソフィア大学卒。政治学(政治理論、中東欧政治)。ソフィアの「リベラル戦略センター」(the Centre for Liberal Strategies)理事長、ウィーンの「人間科学研究所」(Institut f¨ur die Wissenschaften vom Menschen)常任フェロー
庄司 克宏 (ショウジ カツヒロ)  
1957年生。慶應義塾大学大学院法務研究科教授/ジャン・モネEU研究センター所長。日本EU学会元理事長。2002年、欧州委員会よりジャン・モネ・チェア授与。2009‐10年外務省日EU関係有識者委員会委員。専門は、EUの法と政策(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)