• 本

恐怖の構造

幻冬舎新書 ひ−8−1

出版社名 幻冬舎
出版年月 2018年7月
ISBNコード 978-4-344-98508-7
4-344-98508-7
税込価格 842円
頁数・縦 204P 18cm

e-honサイト上の「税込価格」の表示変更について

日時 表示価格
2019年9月27日(金)午前9:59まで 旧税率8%の税込価格
2019年9月27日(金)午前10:00〜 新税率10%の税込価格

サイト上の表示に関わらず、お受取・支払いが10月1日以降となる場合は、新税率10%が適用されます。 詳しくは、e-honの消費税率改定に伴う詳しいご案内をご覧ください。

商品内容

要旨

サーカスのピエロを、たまらなく恐ろしく感じる症状を「クラウンフォビア」という。また本来なら愛玩される対象であるはずの市松人形やフランス人形は、怪談やホラー映画のモチーフとして数多く登場する。なぜ人間は、“人間の形をした人間ではないモノ”を恐れるのか。また、日本人が「幽霊」を恐れ、アメリカ人が「悪魔」を恐れるのはなぜか。稀代のホラー作家が、「エクソシスト」や「サイコ」など、ホラーの名作を例に取りながら、人間が恐怖や不安を抱き、それに引き込まれていく心理メカニズムについて徹底考察。精神科医の春日武彦氏との対談も特別収録!

目次

第1章 恐怖の本質(恐怖が好きな人、嫌いな人
祟りと暴力 ほか)
第2章 恐怖と不安(恐怖より不安がコワい
不安が人を動かす ほか)
第3章 なぜ恐怖はエンタメになりうるのか(スプラッター嫌い
『ゴッドファーザー』の恐怖 ほか)
第4章 ホラー小説を解読する(ホラー小説を楽しむ方法
ジャンルを定める ほか)
特別対談 「恐怖が快楽に変わるとき」(春日武彦×平山夢明)(不安な春日先生
不確実さの不安 ほか)

著者紹介

平山 夢明 (ヒラヤマ ユメアキ)  
1961年神奈川県出身。96年に『SINKER 沈むもの』で小説家デビュー。2006年に短編「独白するユニバーサル横メルカトル」で日本推理作家協会賞短編賞、『DINER』で10年に日本冒険小説協会大賞、11年に大藪春彦賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)