• 本

侠客 拵屋銀次郎半畳記 4

徳間文庫 か2−84 徳間時代小説文庫

出版社名 徳間書店
出版年月 2018年8月
ISBNコード 978-4-19-894374-5
4-19-894374-5
税込価格 745円
頁数・縦 391P 15cm
シリーズ名  客

e-honサイト上の「税込価格」の表示変更について

日時 表示価格
2019年9月27日(金)午前9:59まで 旧税率8%の税込価格
2019年9月27日(金)午前10:00〜 新税率10%の税込価格

サイト上の表示に関わらず、お受取・支払いが10月1日以降となる場合は、新税率10%が適用されます。 詳しくは、e-honの消費税率改定に伴う詳しいご案内をご覧ください。

商品内容

要旨

稲妻の異名で幕閣からも恐れられる前の老中首座で近江国湖東藩十二万石の藩主・大津河安芸守。幼君・家継を亡き者にして大坂に新幕府を創ろうと画策する一派の首領だ。側用人・間部詮房や新井白石と対立しながらも大奥の派閥争いを利用してのし上がってきた。旗本・御家人、そして全国の松平報徳会の面々が次々と大坂に集結する中、遂に銀次郎も江戸を出立した!新読者急増シリーズ第四弾。

おすすめコメント

幕閣を支配する前の老中首座が将軍暗殺と大坂新幕府を画!? 大坂へ向かう銀次郎の命運!?