• 本

初期仏教 ブッダの思想をたどる

岩波新書 新赤版 1735

出版社名 岩波書店
出版年月 2018年8月
ISBNコード 978-4-00-431735-7
4-00-431735-5
税込価格 924円
頁数・縦 221,13P 18cm

商品内容

要旨

二五〇〇年前、「目覚めた者」が説いたのは、「自己」と「生」を根本から問い直し、それを通してあるべき社会を構想する教えだった。その思想は、なぜ古代インドに生まれたのか。現存資料を手がかりに、口頭伝承された「ブッダの教え」にまで遡ることは可能か。最新の研究成果によって、“はじまりの仏教”を旅する。

目次

第1章 仏教の誕生
第2章 初期仏典のなりたち
第3章 ブッダの思想をたどる
第4章 贈与と自律
第5章 苦と渇望の知
第6章 再生なき生を生きる

おすすめコメント

「自己」と「生」を根本から問い直す思想はいかにして生まれたのか。最新研究が明らかにする仏教の原初の世界。

著者紹介

馬場 紀寿 (ババ ノリヒサ)  
1973年、青森県生まれ。2006年、東京大学大学院人文社会系研究科博士課程修了。博士(文学)。現在―東京大学東洋文化研究所准教授。専攻―仏教学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)