• 本

樂天道

出版社名 海竜社
出版年月 2018年8月
ISBNコード 978-4-7593-1624-7
4-7593-1624-8
税込価格 1,080円
頁数・縦 228P 18cm

商品内容

要旨

悲運を克服し、幸福を目ざす!楽天主義が私を支えた!愛子センセイの生き抜く知恵。

目次

1章 五十からの底力
2章 六十代の誇り
3章 めげない老い
4章 親のツトメ
5章 女のおかしさ・男のおかしみ
6章 楽天的知恵
7章 こんな一言

おすすめコメント

◎「楽天道」には、愛子センセイの並々ならぬ思い入れがある。 ただノホホンと楽天的であればいいのではない。 心身を鍛え人格を高める武道と同様に、「楽天道」は人生修行の一手段、楽天に向かう道なのである。 その一心でブレずに生きる著者が、中年からシニア世代に向けて綴ったエッセイをまとめたのが本書である。   ◎ユーモアあふれる人間観察、弱き者への同情をたたえた眼差し、遠藤周作さんとの漫才のような掛け合い。 老人には理解し難い現代の風潮に「これでいいのか!」と怒り、勢い余ってケンカに発展。 愛子センセイの日々は波瀾万丈、エッセイの種に事欠かない。 読むごとに、著者のこまやかな心情と深い人間愛に共感が湧く。笑っているうちに心と頭がやわらかくなり、どんなときも背筋を伸ばして楽天的に生きるっていいものだと思えてくる。

著者紹介

佐藤 愛子 (サトウ アイコ)  
1923(大正12)年、大阪に生まれる。甲南高女卒。1969(昭和44)年、『戦いすんで日が暮れて』で第61回直木賞、1979(昭和54)年、『幸福の絵』で第18回女流文学賞、2000(平成12)年、『血脈』で第48回菊池寛賞、2015(平成27)年、『晩鐘』で第25回紫式部文学賞を受賞。2017(平成29)年、旭日小綬章受章(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)