• 本

男泣き川 文庫書下ろし/長編時代小説 剣客船頭 20

光文社文庫 い37−36 光文社時代小説文庫

出版社名 光文社
出版年月 2018年8月
ISBNコード 978-4-334-77711-1
4-334-77711-2
税込価格 626円
頁数・縦 302P 16cm

商品内容

要旨

元南町奉行所の定町廻り同心の沢村伝次郎は船頭として生計を立てている。伝次郎のところへ、同心時代の小者で、いまは油屋を営んでいる音松が斬られたと知らせが入る。音松は、かつての伝次郎の仲間である定町廻り同心の探索の助をしていたという。音松を斬ったのは何者なのか。伝次郎は、下手人の探索に奔走するが―。人気シリーズ、ついに慟哭の最終巻!

おすすめコメント

元南町奉行所の定町廻り同心で、いまは船頭の沢村伝次郎。内縁の妻が何者かに攫われた。愛する妻を探して、怒りの探索が始まる。

著者紹介

稲葉 稔 (イナバ ミノル)  
1955年熊本県生まれ。脚本家、放送作家などを経て、’94年作家デビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)