• 本

夢胡蝶

祥伝社文庫 い27−6 羽州ぼろ鳶組 6

出版社名 祥伝社
出版年月 2018年8月
ISBNコード 978-4-396-34448-1
4-396-34448-1
税込価格 821円
頁数・縦 428P 16cm

e-honサイト上の「税込価格」の表示変更について

日時 表示価格
2019年9月27日(金)午前9:59まで 旧税率8%の税込価格
2019年9月27日(金)午前10:00〜 新税率10%の税込価格

サイト上の表示に関わらず、お受取・支払いが10月1日以降となる場合は、新税率10%が適用されます。 詳しくは、e-honの消費税率改定に伴う詳しいご案内をご覧ください。

商品内容

要旨

花魁・花菊は死を希った。吉原の大見世で最高位の花魁となるも、やはりここは苦界でしかない。父母と彼岸での再会を望み、燃え盛る妓楼に身を置いた。だが紅蓮の炎に飛び込んできた男がいた。花菊は業火の中、ぼろ鳶組纏番・彦弥と運命の出会いをする―。連続する火付け、下手人と思しき者の殺害、黒幕が?新庄藩火消頭・松永源吾が情念渦巻く吉原で謎に挑む。

出版社・メーカーコメント

「その願い、全て俺が叶える」業火(ごうか)の中で花魁(おいらん)と交(か)わした約束――。“消さない火消”たちの心を動かし、吉原で頻発する火付けに、ぼろ鳶組が挑む!花魁(おいらん)・花菊(はなぎく)は死を希(ねが)った。吉原(よしわら)の大見世(おおみせ)で最高位の花魁となるも、やはりここは苦界(くがい)でしかない。父母と彼岸(ひがん)での再会を望み、燃え盛る妓楼(ぎろう)に身を置いた。だが紅蓮(ぐれん)の炎に飛び込んできた男がいた。花菊は業火(ごうか)の中、ぼろ鳶(とび)組纏番(まといばん)・彦弥(ひこや)と運命の出会いをする――。連続する火付け、下手人と思(おぼ)しき者の殺害、黒幕が?新庄藩(しんじょうはん)火消頭(ひけしがしら)・松永源吾(まつながげんご)が情念渦巻(うずま)く吉原で謎(なぞ)に挑む。

著者紹介

今村 翔吾 (イマムラ ショウゴ)  
1984年京都府生まれ。ダンスインストラクター、作曲家、埋蔵文化財調査員を経て、専業作家に。「蹴れ、彦五郎」で第十九回伊豆文学賞・最優秀賞、「狐の城」で第二十三回九州さが大衆文学賞大賞・笹沢左保賞を受賞。本シリーズ第一作『火喰鳥』でデビュー、第七回歴史時代作家クラブ賞・文庫書き下ろし新人賞を受賞し、時代小説界の新しい旗手に(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)