• 本

本と暮らせば

草思社文庫 で1−2

出版社名 草思社
出版年月 2018年8月
ISBNコード 978-4-7942-2347-0
4-7942-2347-1
税込価格 902円
頁数・縦 338P 16cm

商品内容

要旨

本との出逢いが、人生だ。本と暮らして70年、古書店主にして直木賞作家が綴る、本と作家にまつわる芳醇エッセイ75篇。

目次

1(当りみかん
駅前の宿
米二斗 ほか)
2(地、震う
古本あさる
チチンプイプイ ほか)
3(豆腐の如く硬い
伝記の虚実
文体の魔術 ほか)

著者紹介

出久根 達郎 (デクネ タツロウ)  
1944年、茨城県生まれ。作家。古書店主。中学卒業後、上京し古書店に勤め、73年より古書店「芳雅堂」(現在は閉店)を営むかたわら文筆活動を行う。92年『本のお口よごしですが』で講談社エッセイ賞、翌年『佃島ふたり書房』で直木賞、2015年『短篇集半分コ』で芸術選奨文部科学大臣賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)