• 本

オウム真理教事件とは何だったのか? 麻原彰晃の正体と封印された闇社会

PHP新書 1151

出版社名 PHP研究所
出版年月 2018年8月
ISBNコード 978-4-569-83817-5
4-569-83817-0
税込価格 1,012円
頁数・縦 355P 18cm

商品内容

要旨

平成最大の国内テロ事件を引き起こした麻原彰晃とオウム真理教、および事件の真相を総括するノンフィクションを緊急発刊!なぜオウムはこれほど巨大化し、暴走してしまったのか?事件に関わったエリート幹部をはじめ、大勢の若者たちは、なぜオウムや麻原に惹かれていったのか?麻原の死刑当日の様子は?オウムと裏社会とのつながり、ロシア、北朝鮮との関係、そして核兵器保有の可能性…麻原の死刑執行後に出版することを前提に口を開いた元信者や捜査関係者、刑務官らの「今だから話せる」貴重な証言をもとに、オウム真理教の闇を明らかにする。渾身の書きおろし。

目次

序章 処刑
第1章 崩壊
第2章 降臨
第3章 膨張
第4章 封殺
第5章 迷宮
最終章 復活

著者紹介

一橋 文哉 (イチハシ フミヤ)  
東京都生まれ。早稲田大学卒業後、全国紙・雑誌記者を経てフリージャーナリスト。本名など身元に関する個人情報はすべて非公開。1995年、「ドキュメント『かい人21面相』の正体」でデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)